【Swift UI/Xcode】Firebaseの導入方法!Cocoa Podsでの使い方

この記事からわかること

  • Swift/Xcode作成したiOSアプリFirebase導入する方法
  • Swift UICocoa Pods使用している場合のインストール方法

index

[open]

\ アプリをリリースしました /

ふるログ

ふるさと納税管理アプリ-ふるログ-

無料posted withアプリーチ

Firebaseの概要や登録方法については下記記事を参考にしてください。

この記事ではFirebaseのプロジェクトにiOSアプリを登録し、導入するまでに必要な流れを解説しています。

iOSアプリにFirebaseを導入する流れ

流れ

  1. Firebaseプロジェクトを作成
  2. iOSアプリの登録
  3. GoogleService-Info.plistの追加
  4. Firebase SDK(Software Development Kit)の導入
  5. 初期化コードの組み込み
  6. 完成

1.Firebaseプロジェクトを作成

まずはFirebaseプロジェクトを作成します。Firebaseにアクセスして新規のプロジェクトを追加します。

Firebaseとは?登録方法や使い方、料金と注意点

必要であればGoogleアナリティクスと連携しておきます。

Firebaseとは?登録方法や使い方、料金と注意点

2.iOSアプリの登録

プロジェクトが完成したら、「Sparkプラン(無料プラン)」になっているか確認しておきます。問題がなければ「iOS-」ボタンをクリックしてiOSアプリを登録していきます。

Firebaseとは?登録方法や使い方、料金と注意点

登録には「Bundle Identifier(バンドルID)」が必要になります。Xcodeではインターフェースなどと同様に最初に設定できるiOSアプリの識別子ですね。アプリのニックネームとApp Store IDは省略可能になっています。入力したら「アプリを登録」をクリックします。

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

3.GoogleService-Info.plistの追加

次にFirebaseの設定ファイルとなるプロパティリストをダウンロードしてアプリに組み込みます。「GoogleService-Info.plist をダウンロード」をクリックしファイルをダウンロードします。

おすすめ記事:【Swift】プロパティリスト(plist)とは?自作方法と読み込み

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

アプリの中にダウンロードした「GoogleService-Info.plist」をドラッグ&ドロップで入れ込みます。

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

Copy items if needed」と「Create groups」にチェックを入れて「Finish」をクリックします。これで設定ファイルの導入が完了するはずです。

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

4.Firebase SDK(Software Development Kit)の導入

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

続いてXcodeからFirebase SDK(Software Development Kit)をアプリに組み込みます。方法は様々ですが今回は「Cocoa Pods」を使用して導入していきます。「PodFile」に導入したいサービスに必要なライブラリを追記してpod installを実行します。以下はFirebase Authenticationの場合です。

 pod 'FirebaseAuth'

以前はFirebase/Firestoreといった/の入った名称でしたが現在はサービス名そのままを指定するのが推奨されています。

おすすめ記事:【Swift UI】CocoaPodsのインストール方法と使い方!

Cocoa Podsを使用してサービスをインストールする際のコードは以下のドキュメントから確認することができます。

Firebase:利用可能なライブラリ

5.初期化コードの組み込み

最後にアプリのエントリポイント部分に初期化のためのコードを記述していきます。これは使用している言語やフレームワークによって変わります。以下はSwiftUIの場合です。

【Swift/Xcode】Firebaseの導入方法!iOSアプリでの使い方

追加するのは3箇所です。importするライブラリは使用するもの全てです。あとはデリゲートを作成しその中にFirebaseApp.configure()の一文とdelegateプロパティを記述します。

import SwiftUI
import FirebaseCore
import FirebaseFirestore
import FirebaseAuth
// 追加

// 追加
class AppDelegate: NSObject, UIApplicationDelegate {
    func application(_ application: UIApplication,
                    didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey : Any]? = nil) -> Bool {
        FirebaseApp.configure()
        return true
    }
}

@main
struct TestFirebaseApp: App {
    // 追加
    @UIApplicationDelegateAdaptor(AppDelegate.self) var delegate
    var body: some Scene {
        WindowGroup {
            ContentView()
        }
    }
}

これでCocoa Podsで指定したサービスをiOSアプリにセットアップすることができました。

あとはそれぞれサービスごとに使用していくだけです。

まだまだ勉強中ですので間違っている点や至らぬ点がありましたら教えていただけると助かります。

ご覧いただきありがとうございました。

searchbox

スポンサー

ProFile

ame

趣味:読書,プログラミング学習,サイト制作,ブログ

IT嫌いを克服するためにITパスを取得しようと勉強してからサイト制作が趣味に変わりました笑
今はCMSを使わずこのサイトを完全自作でサイト運営中〜

自作iOSアプリ

\ アプリをリリースしました /

mapping

自分だけの地図を作ろう!-mapping-

無料posted withアプリーチ

割り勘アプリ-bill-

旅行におすすめ!
割り勘アプリ-bill-

無料posted withアプリーチ

Imakoko

現在地を取得するアプリ!Imakoko

無料posted withアプリーチ

ふるログ

ふるさと納税管理アプリ-ふるログ-

無料posted withアプリーチ

Remind-シンプル通知アプリ-

シンプル通知アプリ-Remind-

無料posted withアプリーチ

CLIPURL

好きな記事をクリップしよう!-CLIPURL-

無料posted withアプリーチ

記録カレンダー

続けたを可視化できるアプリ!記録カレンダー

無料posted withアプリーチ

CART-共有できるお買い物リスト-

CART-共有できるお買い物リスト-

無料posted withアプリーチ

Githubにて
iOSアプリのソースコードを公開中!

自作Webアプリ

子育て知識共有サイト-mikata-

子育て知識共有サイト-mikata-

フレームワーク:Laravel/Vue.js

作成の流れQiita「Laravel×Vue.jsを使って初めてWebアプリを自作しました!」

感想:初めて作成したWebアプリです!メールアドレスでの会員登録や質問投稿、回答やコメント、いいねやフォローなどSNSに近い機能を実装してみました。レビューや修正すべきポイントなどを教えていただけると嬉しいです!

New Article

index