【Swift】iOSアプリをAppStoreで公開する方法!前準備とXcodeのビルドのやり方

この記事からわかること

  • Swift開発したアプリApp Store公開する方法
  • アプリ公開必要なもの
  • スクリーンショット準備方法
  • AppStore Connect使い方
  • Xcodeからアプリをアップロード
  • アプリを申請するには?
  • 再アップロードのやり方

index

[open]

\ アプリをリリースしました /

ふるログ

ふるさと納税管理アプリ-ふるログ-

無料posted withアプリーチ

今回はSwiftで開発したiOSアプリをApp Storeに公開する方法と手順をまとめていきたいと思います。

iOSアプリをAppStoreで公開する方法

最初に流れを確認してみます。

公開する手順

  1. アプリ登録に必要となるもの
  2. スクリーンショットの準備
  3. Apple Developer Programへの登録
  4. App IDの作成
  5. AppStore Connectに登録
  6. 登録するアプリ情報を編集
  7. App情報の編集
  8. 価格および配信状況の編集
  9. Appのプライバシーの編集
  10. Xcodeからアプリをアップロード
  11. ビルド情報を編集
  12. アプリを申請する

上記の流れに沿っていけば「開発したiOSアプリをApp Storeに公開」することができます。

環境

アプリ登録に必要となるもの

App Storeにアプリを公開するにあたって必要となるものを先に準備しておきます。

必要になるもの

アプリを登録する上でいくつかURLが必要になります。URL形式でアクセスできるのであれば自分のブログやGitHubなどでも構いません。また全て用意しなくても1つのページに集約させて同じURLを設定することも可能です。

私はこのサイトではなく無料でWebページが作成できる「ペライチ」を使用して「利用規約とプライバシーポリシー」ページを作成しました。1ページなら無料で作れるのでおすすめです。

スクリーンショットと「Apple Developer Program」については後述しています。

スクリーンショットの準備

目的:アプリ情報申請時に必須になるため

公開したいアプリ開発が終了したらアプリ画面のスクリーンショットを準備しておきます。用意するのは以下のサイズを各1枚以上です。

用意するスクリーンショット

スクリーンショットを撮るデバイスに制限はありませんが、上記のサイズに一致する必要があるため「iPhone 8 Plus」と「iPhone 13 Pro Max」で条件をクリアできます。詳細は下記リンクをご覧ください。

スクリーンショットの仕様

作成したアプリがiPhone限定であれば準備するスクリーンショットはiPhoneのみで大丈夫です。iPadも含める場合はiPadのスクリーンショットも必要になります。

自分のアプリが何向けに設定されているかはXcodeでプロジェクトを起動し、「XXX.xcodeproj」ファイルを開きます。その中の「General」>「Deployment Info」の欄にチェックされているデバイスを確認してみてください。

自分のアプリが何向けに設定されているかをXcodeから確認している様子

iPad向けのスクリーンショット

iPadにも対応したアプリを作成する場合は同様にiPadサイズのスクリーンショットが必要になります。こちらも同様に各サイズ1枚以上必要です。

用意するスクリーンショット

デバイス制限はないので上記のサイズを満たす「iPad Pro(12.9-inch) (5th generation)」でOKです。項目ありますがサイズは同じなので両方に同じスクリーンショットを送信しても問題ありませんでした。

スクリーンショットを受け付けてくれない問題

正しい手順とデバイスでスクリーンショットを撮影しアップロードしてもなぜか受け付けてくれないことがあります。そのような場合は画像の容量を圧縮してから送信することで解決することができました。

無料で簡単に画像圧縮が行えるサイト「TinyPNG」がおすすめです。

画像圧縮おすすめwebツールTinyPNG

Apple Developer Programへの登録

目的:App Storeへアプリを配信するため

Apple Developer Programへの登録方法

App Storeにアプリを公開するにはApple公式の有料メンバーシップ「Apple Developer Program」への加入が必須になります。

費用は年額「$99」(日本円:11000〜14000円)かかります。

登録は個人でも可能でApple IDとクレジットカードがあれば簡単に加入できます。詳しい登録方法は下記記事をご覧ください。

App IDの作成

目的:配信するアプリを識別するためのApp ID(Bundle ID)を作成

「Apple Developer Program」への登録が完了するとApple Developer(デベロッパーサイト)へアクセスできるようになります。ここから公開するアプリの「App ID」を作成しておきます。

Apple Developernホーム画面
  1. Certificates, IDs & Profiles」をクリック
  2. Identifiers」クリック
  3. +」ボタンを押して新規作成
  4. App IDs」を選択して「Continue」ボタンをクリック
  5. Select a type」と表示されたら「App」を選択して「Continue」ボタンをクリック
  6. Description」に「IDの説明」を入力
  7. Bundle ID」として「Explicit」を選択
  8. 下の入力欄にアプリ作成時に設定した「Bundle ID」を入力
  9. Capabilities(アプリ実行に必要な権限)」一覧の中に必要なものがあればチェック
  10. Continueボタン」をクリック
  11. Registerボタン」をクリック

Bundle IDが無効な値」というエラーが出ることがありますが、その際はXcodeからプロジェクトの「Bundle ID」を変更して再度登録してみてください。

AppStore Connectに登録

目的:アプリ管理ツールへのアプリ登録

続いてAppStore Connectにアプリを登録していきます。「AppStore Connect」とはApp Storeで配布するアプリを管理するためのツールセットです。ここからアプリの審査を申請します。

申請の流れ

  1. 「AppStore Connect」にアプリを登録
  2. 「AppStore Connect」に必要になる情報を記述
  3. 「Xcode」からビルド(「AppStore Connect」に反映)
  4. 再度「AppStore Connect」から編集して申請
AppStoreConnectのホーム画面
  1. My App」を選択
  2. Appの右側の「+」ボタン>「新規App」をクリック
  3. プラットフォーム:「iOS
  4. 名前:「アプリ名」(App Store内に重複しない名称)
  5. 言語:「日本語
  6. Bundle ID:作成した「App ID
  7. SKU:自由に決めれるアプリ固有ID(Stock Keeping Unit:在庫管理単位※)
  8. User Access:「アクセス制限なし
  9. 作成」ボタンを押して終了

※SKUは売上などの管理をするための識別子でユーザーには公開されない内部的なIDです。一度設定すると変更できないのでIDからアプリを識別できるような命名がおすすめです。

すると以下のようなアプリの登録設定画面へと切り替わります。

AppStore Connectでアプリを登録完了した時の編集画面

登録するアプリ情報を編集

目的:公開するために必要なアプリ情報を記述

登録設定画面ではアプリに関する情報を入力していきます。まずはサイドバーの「App Review」から以下の項目を記述していきます。

  1. スクリーンショット画像のアップロード
  2. プロモーション用テキスト:アプリの紹介
  3. 概要:アプリの特徴や説明
  4. キーワード:検索キーワード(例:map,user,location,spot)
  5. サポートURL:アプリの公式サイトURL
  6. マーケティングURL:アプリの宣伝サイトURL
  7. バージョン:適切なバージョン(1.0のままでOK)
  8. 著作権:年数と人物名/組織名が推奨(例:2022 ame)
  9. App Reviewに関する情報:アプリにログイン機能がなければ「サインインが必要です」のチェックを外す
  10. 保存」をクリック

続いてサイドバーの他の項目も設定していきます。

App情報の編集

  1. 名前:アプリ名
  2. サブタイトル:サブタイトル
  3. コンテンツ配信権:サードパーティ製の有無(※)
  4. 年齢制限
  5. カテゴリ:プライマリ/セカンダリ
  6. 保存」をクリック

※サードパーティ製とは「第三者」を指し示す意味の英語で、この場合では製品の開発元ではない第三者が特定の製品に対応する製品を提供することを指しています。つまり「非正規品」のことで第三者のアプリを使用しているかしていないかを基準に判断すればOKです。

価格および配信状況の編集

  1. 価格:¥ 0 (無料)
  2. 保存」をクリック

Appのプライバシーの編集

  1. プライバシーポリシー横の編集をクリック
  2. プライバシーポリシーページのURLを記述
  3. ポップアップを閉じる
  4. その下の「はじめに」をクリックし使用する情報を登録
  5. 公開」をクリック

これでひとまず最初の登録は完了です。

Xcodeからアプリをアップロード

続いてXcodeからアプリをアップロードする作業に入ります。まずは対象アプリをXcodeで起動します。最後に漏れがないか確認しておきましょう。

確認事項

準備が整えばアップロード作業に入ります。

  1. Xcodeのビルド対象を「Any iOS Device (arm64)」に変更
  2. Xcode上部メニューから「Product」>「Archive」をクリック
  3. 完了すると以下1枚目の画面に切り替わる
  4. Distribute App」をクリック
  5. App Store Connect」を選択して「Next」をクリック
  6. Upload」を選択して「Next」をクリック
  7. Include bitcode for iOS content」と「Upload your app's symbols to receive symbolicated reports from Apple」にチェックを入れて「Next」をクリック
  8. Automatically manage signing」を選択
  9. アプリの詳細情報が表示されるので確認して「Upload」をクリック
  10. 以下2枚目の画面が表示されれば成功
Xcodeからアプリをアップロードする際の選択画面 Xcodeからアプリをアップロードして成功した際の画面

上記の画面になると登録したメールアドレスに「App Store Connect: Version 1.0 (2) for mapping has completed processing.」といったメールが届きます。これが無事AppStore Connectへの反映も終了したという合図になります。

ビルド情報を編集

再度AppStore Connectにアクセスして空白だったビルド情報を完成させていきます。

  1. AppStore Connectにログイン
  2. My App」を選択
  3. 該当のアプリを選択
  4. Build」の右側にある「+」ボタンをクリック
  5. 問題がなければ「Done」をクリック
  6. Export Compliance Information(アプリが暗号化通信を行なっているかどうか)」に「No」を選択して「Done」をクリック

ここまできた状態でアプリに不具合や修正が見つかった場合は「申請前に修正する(再アップロード)」をご覧ください。

アプリを申請する

最後にアプリを申請していきます。

  1. 審査に追加」をクリック
  2. The status of your (iOS) app, アプリ名, is now "Ready For Review".」という件名のメールが届く
  3. AppStore Connect側で「申請」をクリック
  4. The status of your (iOS) app, アプリ名, is now "Waiting for Review"」という件名のメールが届く
  5. 審査申請完了(開始までは数時間〜数日かかる)
  6. The status of your (iOS) app, アプリ名, is now "In Review"」という件名のメールが届く
  7. 審査開始(結果は数時間〜数日かかる)
  8. Your submission was accepted"」という件名のメールと、「アプリ名 is now "Ready for Sale", ...」という件名のメールが届けば審査を通過

審査追加後に自動で配信を選択していた場合はメールが届いてから数日でApp Storeに公開されます。私の場合は15日に申請を出して21日にApp Storeに自動配信されました。配信されたタイミングで特にメールなどの通知は来なかったのでApp Store Connectにログインして確認してみてください。

申請前に修正する(再アップロード)

申請前まで進んだけど少し修正して再度アップロードしたい場合があると思います。

その際は「Xcodeからアプリをアップロード」の手順を以下の手順の後に再度繰り返せばOKです。

やるべきこと

  1. プロジェクトのビルド番号をインクリメントする
  2. AppStore Connect内で古いビルド番号をで消去し新しいビルド番号を選択し直す

そのためにXcodeでプロジェクトを開き「XXX.xcodeproj」ファイルを開きます。その中の「General」>「Identity」>「Build」の番号を「+1」した数にして再度アップロードしてください。

また公開したアプリをアップロードする際の手順と注意点はこちらにまとめてあります。

実際に公開してみた自作アプリがサイドバーにあります。GitHub上にソースコードも公開していますので興味があればソースコードの閲覧とインストールしてくれると嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。

私がSwift UI学習に使用した参考書

searchbox

スポンサー

ProFile

ame

趣味:読書,プログラミング学習,サイト制作,ブログ

IT嫌いを克服するためにITパスを取得しようと勉強してからサイト制作が趣味に変わりました笑
今はCMSを使わずこのサイトを完全自作でサイト運営中〜

自作iOSアプリ

\ アプリをリリースしました /

mapping

自分だけの地図を作ろう!-mapping-

無料posted withアプリーチ

割り勘アプリ-bill-

旅行におすすめ!
割り勘アプリ-bill-

無料posted withアプリーチ

Imakoko

現在地を取得するアプリ!Imakoko

無料posted withアプリーチ

ふるログ

ふるさと納税管理アプリ-ふるログ-

無料posted withアプリーチ

Remind-シンプル通知アプリ-

シンプル通知アプリ-Remind-

無料posted withアプリーチ

CLIPURL

好きな記事をクリップしよう!-CLIPURL-

無料posted withアプリーチ

記録カレンダー

続けたを可視化できるアプリ!記録カレンダー

無料posted withアプリーチ

CART-共有できるお買い物リスト-

CART-共有できるお買い物リスト-

無料posted withアプリーチ

Githubにて
iOSアプリのソースコードを公開中!

自作Webアプリ

子育て知識共有サイト-mikata-

子育て知識共有サイト-mikata-

フレームワーク:Laravel/Vue.js

作成の流れQiita「Laravel×Vue.jsを使って初めてWebアプリを自作しました!」

感想:初めて作成したWebアプリです!メールアドレスでの会員登録や質問投稿、回答やコメント、いいねやフォローなどSNSに近い機能を実装してみました。レビューや修正すべきポイントなどを教えていただけると嬉しいです!

New Article

index